12月14日 顔合わせ

稽古はすでに始まっていたが、この日が顔合わせ。
別の現場のため来られない俳優やスタッフもいるが、いよいよ本格的にスタートする。

まずは参加者から一通り自己紹介。
そして制作から公演概要が配られ、改めてチケットの種類や日程、公演に参加するにあたってのお願いなどをお伝えする。
枡野さんからウルトラマニアチケットに関して協力を提案していただき、大変ありがたい。思わぬことで、豪華特典になりそうだ。
質疑応答がある。
オススメのチケットは年内申し込みの「前半早割」だと僕からも参加者にプッシュする。

続けて糸井から台本、美術絵が配られ、世界の設定などがある。
完璧にやれたら一番だけど、なんでもかんでもお金をかけられるような潤沢な予算じゃない。
何に、どうやってお金をかけるべきか、削るだけだったらどんどんしょぼくなってしまう。
演出意図を実現するためにさけられないのはどこか、やるべきところはやらなければいけない。

さて、この日は稽古もなく、顔合わせの後はみんなでお馴染みの中華料理店へ。
遅れて衣装のヨシケンが合流。糸井と世界観の話を打ち合わせていたようだ。
羽衣の衣装はヨシケンのオール作り物なのである。だから「も字たち」の時の全員がマント付き全身タイツという衝撃の衣装も可能だ。
今日の舞台設定とサロメであることから、大人っぽく、艶やかな衣装になるのではないかと思うのだけど、二人はどのような相談をしたのだろう。

最後に加藤さんが本番を終えて合流。
加藤さん、戦国BASARA出演中のため、いわゆる戦国大名のような頭に剃り上げており、現代では電撃ネットワークの人でしかみたことがない髪型になっていた。
最初は帽子をかぶっていたけれど、途中から堂々としていて、目線を独り占め。
そして遠慮なく頭を見てにやにや笑い続けるキッチン奥の中国人店員に文化の違いを感じたりする。
この店、料理も本格的に中華だし、接客も結構本格的に中華である。僕はそれも気に入っている。

公演初日まで、1か月半。 

 

(O)

★更新情報★

2017.4.22

『愛死に』チケットを10:00~発売開始いたします。


2017.4.9

イベント出演の詳細をアップいたしました。

 

毎月発行。メンバーの高橋が編集長を務める羽衣メールマガジンの登録はこちらから!

☆新コーナー☆

メールマガジンでは、団体やメンバーへの質問を募集いたします!

メモ: * は入力必須項目です